ニートや大学生は治験マンになればお金に困らない

こんにちは。

大学生の頃は治験を圧倒的に利用し、遊び代を確保していたひでぶです。

大学生やニートの皆さん。
お金がないって困っていませんか?
「楽して、大金を稼げたら。。。。」
なんて思いますよね、僕もそうでした。

そんなあなたにこそおすすめしたいのが

治験ボランティア

何もスキル必要なく、こんなに効率良く稼げる方法は他に存在しません。

治験ボランティアとは?

治験(ちけん)とは、医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる臨床試験のことである。 元々は、「治療の臨床試験」の略であるという。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/治験

難しいこと書いてありますが、新薬を飲んでお医者さんが効果を確かめるあれです。
いわゆる人体実験ってやつ。
危険なのか?って思うかもしれませんが、厚生労働省の基準にしっかり則って行われるので、国内の治験は安全性は高いです。

実際に僕も4回ほど行ってますが、何か起こったことはありません。
国外についてはフランスで死亡事故が起こってたりと危険なので、必ず日本国内のものを受けましょう。

期間は案件によって異なる

期間は、その治験によってそれぞれ違うのですが、一定期間通院のみ・2泊3日の入院・長いもので数ヶ月の入院のものもあります。
2泊3日ですとなんともないのですが、それ以上になると動きたくて仕方が無くなります。
オナニーは禁止されていますが、僕はタイミングを見計らって、トイレでやってました。

報酬は高い

報酬は「給料」としてではなく、「協力費」として支払われます。
当たり前ですが、拘束時間が長くなればなるほど報酬も多くなる。
数万円〜数十万円までとばらばらです。

自分が行ったのは3泊4日×2が最も多く、18万円の協力費がいただけました。
これだけ報酬が多いなら、それで生活できるのではないか?と思うかもしれませんが、治験を終えたら4ヶ月以上あけなけらばいけないので、無理です。
しかし、長期のやつのみに絞って(良いのだと3ヶ月で50万円とかも)やれば、治験だけで暮らすことは不可能ではないのかなと。

治験まとめ

食事も普通においしく(オリジン弁当が出る病院も)、wifi環境があるところが結構あるので、フリーランスの方とかが仕事しながら治験にも最適だと思います。
ちなみに自分が登録していた治験ボランティア募集サイトは、JCVN治験ボランティアです。

サラリーマンとかはなかなかできないかもしれませんが、ニート(お金のないフリーランスも)や大学生は一度やってみてはいかがでしょうか!

 

The following two tabs change content below.

ひでぶ

英語学習者。 中高大と英語は最大の苦手科目。大学時に受けたtoeicは410点という悲惨な結果で終わる。その後、新卒で会社に就職し、8ヶ月でスピード退社、ニートになる。 留学前に受けたTOEICはなんと衝撃の270点、たった3ヶ月のサウスピーク留学(フィリピンのセブ島)で825点まで押し上げ成功。

フィリピン留学、英語学習の相談受付中!

 

コメントを残す