後悔しない!留学に適したフィリピンのおすすめ地域5選

 

この記事はフィリピン留学におすすめの地域を探している方向けとなります。

 

結論から申し上げて、

 

  • 勉強と遊びの両立がしたい
  • 日本から安く気軽に行きたい
  • きれいな海を存分に楽しみたい

 

そんな方には、「セブ島」での留学がおすすめです。

 

逆に、田舎の地域に留学をして完全に勉強に集中したい方には「セブ島」はおすすめできません。

 

この記事では、実際に半年間のフィリピン留学経験がある僕が、おすすめの地域を5ヶ所に厳選したので、地域選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

なお、フィリピン留学のおすすめ学校については下記記事で紹介しております。

【断言】フィリピン留学のおすすめ学校は5つだけ【やる気ある人だけ見て】

英語留学に地域って関係あるの?

 

どの地域でもいいから留学に行けば英語が身につくはず!

ストゴリくん

 

あなたがそう考えているとしたら、少し危険です。

 

なぜなら、地域によって英語学習の質が大きく変わってくるからです。

 

英語学習には環境が大事

男性がバハイクボに座って勉強をしている

 

英語学習に限らず、集中してなにかを学ぶときは環境が大事です。

 

  • 周りの人が騒いでいる塾のクラス
  • 周りの人も勉強に集中している塾のクラス

 

同じ塾のクラスですが、どちらのほうが勉強に集中できそうかは一目瞭然ですよね。

これは地域にも当てはまり、

 

  • 遊びをメインで留学にきている人が多い地域
  • 本気で勉強したい人が多い地域

 

という風に分けられます。

 

ちなみに遊びがメインの人が選ぶ地域には、

 

  • 語学学校の敷地内にバーがある
  • 徒歩圏内に遊べる場所が多い

 

という語学学校が多い傾向にあります。

 

留学の地域選びを間違えると?

 

思い描いていた理想の留学生活が送れずに、途中で嫌になってしまう可能性が高いです。

 

僕が留学していたのはフィリピンの田舎のほうで、周りに遊べるスポットがなく、海に行くにもバスで3時間かかるような地域でした。

 

勉強に集中したい人には最適な環境ですが、「遊びも楽しみたい!」という期待を持って留学にきていた生徒は愕然としていました。

 

結局その生徒は遊ぶために授業をサボって遠出を繰り返し、英語力が伸びずに帰国したのを覚えています。

 

地域選びに失敗する人の特徴

 

  • 勉強に環境は関係ないと思っている
  • 留学に行けば英語が話せるようになると思っている
  • 事前の下調べをまったくしない

 

ひとつでも当てはまる人は、要注意

 

フィリピンに限らず、留学をすれば英語が勝手に話せるようになるというのは幻想です。

 

そのかわり、自分に合った地域でしっかりと集中して真剣に勉強すれば確実に英語力がつきます。

 

貴重な留学生活を最大限有意義にできるよう、そのことはしっかりと意識しておきましょう。

 

フィリピン留学の地域選びで後悔しないために

 

実際に現地に着いてから、「やっぱり別の地域にしておけばよかった、、」などと後悔するのは非常にもったいないので、事前に以下のことはしっかりと調べることにしましょう。

 

留学の目的をはっきりさせる

 

これは留学をするにあたって1番大切なことですので、「なんのためにフィリピン留学に行くのか?」ということを自問してください。

 

  • リゾートを満喫する
  • とにかく勉強に集中する
  • どちらも両立したい

 

目的がはっきりすることで、留学の地域選びに失敗する可能性も低くなります。

 

優秀な講師が集まる地域か?

 

優秀な講師が集まる地域の特徴として、「平均賃金が高い」というものがあります。

 

そして充実した留学生活を送るためには、優秀な講師から受ける質の高いレッスンがとても重要です。

 

なので優秀な講師との勉強に集中したい場合は、マニラなど平均賃金が高い地域を選ぶことも大切です。

 

都会と田舎地域のどちらが好みか?

 

発展途上国と言われているフィリピンでも、都会と田舎地域の差は大きいです。

 

都会
ビルが立ち並び、ショッピングやナイトライフも充実しています。

 

田舎
田舎ならではの、のんびりした雰囲気を味わうことができます。

 

自分にとって、よりストレスが少なそうな地域を選択しましょう。

 

フィリピン留学のおすすめ地域

 

フィリピン留学の地域選びの重要性がわかったところで、


  • 勉強と遊びの両立ができる
  • 日本から安く気軽に行ける
  • きれいな海がある

 

など、留学におすすめの「セブ島」を含めた、5つの地域のメリットとデメリットを紹介します。

 

セブ島

男性がハンモックに揺られながら海を眺めている

 

フィリピン留学と聞くと、多くの人が思い浮かべるのが「セブ島」です。

海がきれいなリゾート地でありながら英語学習にも力を入れているので、勉強と遊びの両立ができると大人気です。

 

セブ島留学のメリット

 

  • 気軽にきれいな海へ行ける
  • 留学生が多いので、友達ができやすい
  • 英語学習に力を入れている
  • 日本から安い直行便が出ている

 

留学生に人気な地域なので、英語学習にもしっかりと力を入れています。

 

リゾートホテルを改装してオーシャンビューの語学学校として運営しているところもあるので、毎日きれいな海を眺めたい人にはおすすめ。

 

さらにキャンペーンをうまく狙えれば、日本から片道数千円という破格な航空券が買えることも大きな魅力です。

 

セブ島留学のデメリット

 

  • 遊びに流される留学生が多い
  • 街中には治安が悪いエリアがある

 

セブ島はリゾート地なので、遊びの誘惑が多いです。

 

遊び目的でくる留学生もほかの地域より多いので、しっかりとした目標を持っていないと周りに流されてしまい、全然英語が伸びないまま帰国ということもあるので注意。

 

治安に関しても、リゾート地だからと安心してスリに遭う留学生が多いので、「日本人は目をつけられやすい」ということを忘れずに。

 

マニラ

 

フィリピンの首都マニラ。

 

たくさんの高層ビルや大きなショッピングセンターがあるので、都会の喧騒が好きな方にはおすすめの地域。

 

大学が多く、平均賃金が高いことに比例して優秀な講師も集まってくるので、授業の質が高いです。

 

マニラ留学のメリット

 

  • ショッピングなどの娯楽が多い
  • クラブなどの夜遊びも楽しめる
  • 質の高い語学学校が多い
  • 日本からの直行便がある

 

平日はしっかりと勉強をして、休日はショッピングなどで息抜きをしたい方なら充実したフィリピン留学生活を送れます。

 

日本から直行便で気軽に来れるのも大きなメリットです。

 

マニラ留学のデメリット

 

  • 常に交通渋滞が起きていて空気が悪い
  • 人が多いので、盗難などの危険性も高い
  • 遊びの誘惑が多い

 

マニラでは毎日深刻な交通渋滞が発生しており、排気ガスによる空気の汚染がひどいです。

 

喘息の方は悪化する危険性があるので、マニラでの留学はおすすめしません。

 

また遊びの誘惑も多く、クラブなどで盗難や事件に巻き込まれる留学生が多いので、留学する際は自己責任で。


バギオ

 

マニラの空港から車で約6時間ほど距離に位置するのが、フィリピンの中でも屈指の教育都市バギオ。

 

語学学校の質も非常に高く優秀な講師が集まっているので、勉強だけに集中したい人から人気です。

 

標高が高く、日本でいうところの「軽井沢」のような避暑地でもあります。

 

バギオ留学のメリット

 

  • 語学学校のレベルが高い
  • 標高が高いので比較的涼しい
  • 豊かな自然が溢れている

 

「フィリピン留学に行きたいけど暑いのが苦手、、」という方でも過ごしやすいです。

 

大自然の中でゆったりと、だけどしっかり英語を学びたい方におすすめ。

 

バギオ留学のデメリット

 

  • 日によってはダウンが必要なほど冷える
  • バギオまでのアクセスが不便
  • 娯楽が少ない

 

バギオは山の中の地域なので、主要な空港から遠くてアクセスが大変です。

 

寒暖差によって体調を崩し、貴重な留学の時間を無駄にしてしまう方も少なくないので、防寒対策も頭に入れて準備をしましょう。

 

ターラック

 

マニラの空港から車で3時間ほど走るとたどり着くのが、ターラック。

 

僕が実際に半年間の留学生活を送った地域ですが、かなりの田舎なので特に観光して遊べるところはないです。

 

旅行で訪れるような見どころもない地域なので、勉強に集中しながらフィリピンの田舎生活を体感したい方は選択肢に入れてみましょう。

 

ターラック留学のメリット

 

  • キャンパス型の広々とした語学学校で学べる
  • 遊びの誘惑がないので、勉強に集中できる
  • 治安がいい

 

遊ぶとこがないので、フィリピン留学のあとにワーホリなどを控えている方は娯楽にかかる余計な出費を節約できます。

 

また、治安がいいのも大きなメリットのひとつでしょう。

 

とにかく遊びのことは考えずに勉強に集中したい方にはおすすめの地域です。

 

ターラック留学のデメリット

 

  • 息抜きが難しい
  • 空港から遠い

 

娯楽がないので、勉強のストレス発散が難しいです。

 

海へ行こうにもバスで片道3時間くらいかかるので、気軽に行くことはできません。

 

遊びと勉強の両立をしたい方には向かない地域でしょう。

 

クラーク

 

上記のターラックからさらに車で2時間ほど移動するとたどり着くのが、クラーク。

 

大きなショッピングセンターがありながら、きれいな海までも比較的簡単にアクセスできるので、都会と田舎のいいとこ取りをしたような地域です。

 

クラーク留学のメリット

 

  • ネイティブ講師と授業ができる
  • 息抜きの選択肢が多い

 

クラークにはアメリカ軍の基地がありアメリカ人も住んでいるので、講師にネイティブを起用している語学学校があります。

 

欧米留学よりも格安でネイティブからのレッスンを受けれるのは、ほかの地域にはない大きなメリットと言えます。

 

クラーク留学のデメリット

 

  • 誘惑が多い
  • 治安が不安定

 

クラークには「アンヘレス」という地域があり、そこには世界的にも有名な歓楽街があります。

 

売春が普通に行われており治安もあまりよくないので、クラークに留学する際は注意して、周りに流されないようにしましょう。

 

フィリピン留学のおすすめ地域まとめ

男性がフィリピン人講師と英語のレッスンをしている

 

遊びと勉強の両立をしたい方は、



  • セブ島
  • マニラ
  • クラーク

 

勉強に集中したい方は、

 

  • バギオ
  • ターラック

 

の中から選択するのがおすすめ。

 

もしも僕がもう一度フィリピン留学をするとしたら、「セブ島」を選択します。

 

理由としては、きれいな海に、質の高い語学学校も揃っているので、周りに流されないように自分を保っていれば、充実した留学生活が送れるからです。

 

とはいえ、人によって選ぶ地域は変わってくるので、しっかりと自分の目的を考えて後悔のない選択をしましょう。

おすすめ英会話アプリ

「英語学習の時間がなかなか取れない」という方に、当ブログが最もオススメするのが「スタディサプリENGLISH(英語)」

 

全て隙間時間に学習することが可能。その上、質の高いインプット・アウトプットをバランス良くすることができます。

 

ただいま、かなりお得なキャンペーン中です。

    • 月額980円→775円(税抜き)
    • なんと1日あたり26円!
    • 1週間無料体験→1ヶ月(当ブログキャンペーンコード【TRY2016】を使用で)
    • 返金保証あり

     

    キャンペーンは7月23日(火)16:59まで!(あと35日)

     

    かなり多くの人が申し込むことが予想され、早期に終了してしまう可能性あり。

     

    1ヶ月の無料期間中に解約してしまえば、お金は一切かからない。

     

    お得な今、素晴らしさをぜひとも実感してほしいので、急いでくれ。

     

    無料1ヶ月 レッスン受け放題

    無料で今すぐ申し込む

    ※無料期間終了後も、月額980円→775円(税抜き)

     

    ちなみに、1ヶ月無料体験のキャンペーン適用コードは、TRY2016


    このコードは、申し込み時に入力する欄があるので忘れないように。

     

    ▼キャンペーンコードの使い方▼
    【限定キャンペーンコード】スタディサプリENGLISH、日常英会話編の申し込み方【2018年最新】

    ▼必見レポート記事▼
    【圧倒的コスパ】スタディサプリEnglishの日常英語・英会話の魅力【評判あり】

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください