TOEICやスピーキング動画など、指標を示している〜サウスピークの他語学学校との違い(3)〜

サウスピークの他語学学校との違いシリーズ3つめ。

本稿は、サウスピークがTOEICやスピーキング動画などで指標をしっかり示しているということを対談していきます。

なぜ、僕がフィリピン留学の中でサウスピークを選んだかは下記記事をご覧ください。

サウスピークのフィリピン留学に、18000円の解約金を支払って乗り換えた話
最初に


 今回僕が「たった3ヶ月でTOEIC415点アップ!」という信じられないほどの結果に大きく寄与したのが、フィリピンのセブ島にある語学学校サウスピーク。


なんとこのブログを見ていただいた方限定で、 限定クーポン(週末レッスン7000円分チケット)設けさせていただきました。(無料です)


TOEICや英会話力を短期的に上げたい方やご興味がある方は、下記ボタンからどうぞ。

短期の方も長期の方も、週末レッスンを取ることでメリハリがつくので何回かは取ることをオススメします。

※必ず、お申し込み前にお問い合わせください。見積もりを出してもらった後ですと、当ブログクーポンが反映されません。

TOEICなど外部機関の試験で英語力を測らないと、実力は分からない

 

ーー僕が、サウスピークの留学を決意した理由として、「全員のTOEICスコアを出していること」「スピーキング動画も多く出していること」が挙げられます。

実際、他の語学学校は、下記のツイートのように「学校のテストでこれだけ伸びました」とか「アフターだけ載せて、話せるようになりました」というものですよね。


はるじぇー
語学学校の学内試験はいくらでも結果を操作出来ます。

そのため、「入学直後の試験は難しくして悪い点を取らせる。その上で、卒業直前の試験結果は意図的に良くする」ということが行われていたりします。


これをやれば、生徒は「成績が上がった!英語が出来るようになった!」と錯覚して、生徒の満足度は上がります。
(こういう内部告発的な話は、語学学校を辞めたスタッフから聞けます)


ーーだから、TOEIC L&R試験やTOEFL iBT試験といった外部機関による、第3者の評価でないと信用しない方が良ということですね。

また、動画を載せているところはありますが、ちゃんとしたビフォアフター載せている語学学校ってサウスピーク以外に見たことありません。

ビフォーアフター動画を見ないと、スピーキング能力があがったかは分からない

はるじぇー
ある語学学校では「TOEIC L&R試験で900点以上の生徒が留学して、我が校のレッスン内容に満足しています!スピーキング能力も上がりました!」みたいな留学体験談をあげています。

こういう語学学校の場合だと、「生徒がもともと優秀であること」と「その語学学校のレッスンによって本当に英語力が上がったのかどうか」を分けて考える必要が有ります。

正直な話、1週間~6週間くらいの語学留学で劇的に英会話能力が上がったりすることはありません。

サウスピークにおいても、「13週間の留学で、合計700時間の勉強をしたならば、階段を2段上がったくらいの英語力の伸びを感じられます。

短期間で英語力が劇的に伸びることは有りません」と伝えています。

だからこそ、生徒のBefore Afterのスピーキング動画をサウスピークでは公開しています

また、フィリピン留学エージェントや各語学学校が「自分の語学学校を紹介する動画」をネットに公開していることがありますが、生徒の音声が入っていないことが多いです。


これは生徒の英語力が低すぎるのがバレるのを恐れて音声を入れられないのだろうなということが推測できます。


この事実に気づいたときに、改めてフィリピン留学の残念な実情に暗澹たる気持ちになりました



下記の動画はサウスピーク・日本語禁止校舎の昼食時の動画です。


こういう動画は現状ではサウスピーク以外の語学学校は1つも公開していないです。



ーーなんかサウスピークはTOEICスコアやスピーチコンテストが生徒の優劣みたいな雰囲気がありました(笑)

他の語学学校では「日常英会話」ができるようになりましたって宣伝をよく見るのですがこれについてはどう思われますか?

日常英会話に指標はない

はるじぇー
日常英会話って指標になりづらいと思っています。

雑談って日本語でもそうですが、きちんと行おうと思うと難しいものです。

その人自身のノリが良くてなんとかなっているのは、それは日常英会話力ではなく、「勢いでごまかしている」だけでしょう。

明確に測れる試験もないですし、そんな語学学校に行っても、ノリと勢いしか身につきません。


ーーまあ、ノリも大事っちゃ大事だとは思いますが、それだけで英会話できたら苦労しませんよね。

はるじぇー
他校からサウスピークに転校してきたばかりの生徒の英会話能力を測定することがあるのですが、正直聞くに堪えない水準です。

英文法がメチャクチャで勢いで喋っているので、聞き取るのにかなり努力しないといけないです。

具体的には「不適切な英単語の使用」と「時制の崩壊」が大きな特徴として有ります。

適切な英文法に沿って話すことは、英会話における「マナー」です。

聞き手が理解するのに苦労を伴うような英語は話すべきでは有りません。

あなたがお金を払う観光客のようなお客さんの立場であれば、それでも良いです。

でも、仕事場や学問の世界ではその英語は通用しません。

その点、ビジネス英会話には型があります。

サウスピークではTOEIC LR試験やTOEIC SW試験(Speaking & Writing)を通じて、仕事で話し相手に不快感を与えない、適切な英語を使いこなせるようになる。

また、自身が必要とする専門分野において、適切な英会話・英作文が出来るようになるための土台を作る」とい点に重点をおいています。


ーー取り入れているのは、なんでTOEICなんですか?

はるじぇー
受験料の安さと、現状で初級者〜上級者まで正確に英語力を測るためにはベストであるという考えからです。

TOEIC(LR)の他にTOEIC Speaking&Writingの公式テストも最近レベル分けに導入しました

本稿のまとめ
  • TOEICなど外部試験で測らないと、実際に伸びたかどうかは分からない
  • 英会話に関してビフォーアフター動画を上げている語学学校は少ない
  • 英文法に沿って話すのは「マナー」。それを身に付ける手段としてTOEICは最適

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください