日本の教材で学べる・授業数を絞っている〜サウスピークの他語学学校との違い(4)〜

サウスピークと他語学学校との違い4番目。

本稿は、「英語学習を日本で発売している教材を使用して行える」「反転授業により授業数が少ないこと」を塾長はるじぇーさんと対談していきます。

なぜ、僕がフィリピン留学の中でサウスピークを選んだかは下記記事をご覧ください。

サウスピークのフィリピン留学に、18000円の解約金を支払って乗り換えた話
最初に


 今回僕が「たった3ヶ月でTOEIC415点アップ!」という信じられないほどの結果に大きく寄与したのが、フィリピンのセブ島にある語学学校サウスピーク。


なんとこのブログを見ていただいた方限定で、 限定クーポン(週末レッスン7000円分チケット)設けさせていただきました。(無料です)


TOEICや英会話力を短期的に上げたい方やご興味がある方は、下記ボタンからどうぞ。

短期の方も長期の方も、週末レッスンを取ることでメリハリがつくので何回かは取ることをオススメします。

※必ず、お申し込み前にお問い合わせください。見積もりを出してもらった後ですと、当ブログクーポンが反映されません。

    日本人に絞ることにより、日本の教材を使用できる


    ーーサウスピークの生徒って日本人のみじゃないですか。
    他のアジア人だったり、交流できる人種が多い語学学校は良さそうと考えている人多いと思うのですが、これについてはどう思いますか?

    はるじぇー
    まず前提として、日本人向け、韓国人向け、中国人向け、タイ人向け、ベトナム人向けというように、各国の人達毎に適した勉強法が有ります。

    各国それぞれ異なった英語教育を受けていますからね。

    また、英文法は母国語を介して学んだ方が良いです。

    特に日本・韓国は英語の参考書が発達しているので、母国語で書かれた有名参考書で学んだ方が効率的です。

    そして、サウスピークは生徒が日本人だけなので、「日本人に最適化した英語学習カリキュラムを日本人の英語学習専門家が考えて、その上で日本で出版されている有名な英語参考書を使用して行う」ことが出来ます。

    一方、生徒が他国籍になるとこの選択肢を使うことが出来なくなります。

    一般的なフィリピン留学では「日本人の事を良く分かっていないフィリピン人講師が学習カリキュラムを考えて、韓国人向けの謎の白黒コピーの海賊版教材を使って学ぶ」というものになります。

    フィリピン留学の海賊版教材(1)

    フィリピン留学、海賊版教材例(1)

    フィリピン留学、海賊版教材例(2)

    フィリピン留学、海賊版教材例(2)schoolwithより引用


    ーー3ヶ月サウスピークで学んでみて、母国語参考書の方が英文法を学びやすいというのは、非常に納得です。
    留学前は完全に英語素人でしたので、日本語教材でなかったら効率悪いし、3ヶ月ではこんなにも伸びなかったと思ってます。

    海賊版教材については、本当にどこの学校もそうなのかな?って疑問に思ってたんですけど、前フィリピン留学フェアで聞いたら本当にどこもそうでした。笑
    つっこむと、「フィリピン留学の学校はどこもそんな感じだよ」と不機嫌になるという。笑

    はるじぇー
    あんまりそこ指摘すると嫌われますよ(笑)

    フィリピンにある語学学校の大多数は「白黒コピーの劣悪な海賊版教材」を使用しているという事実を4年前にサウスピークが公開したら、サウスピークは業界内ですごく嫌われてしまいましたので。

    複数の留学エージェントから、「海賊版はたいした問題じゃない。郷に入れば郷に従え。フィリピン留学業界の秩序を乱すな」というような、”留学する生徒のことを全く考えていない”文句をいただきました。

    自分から使用する英語参考書の説明を行わない語学学校では、十中八九、白黒コピーの海賊版教材を使用していると考えて間違いないです。

    フィリピン留学業界に関わるものとしては非常に残念な実情ですが、2017年時点では、まだまだ不誠実な語学学校は多いと言わざるをえません。

    話を戻しますが、多国籍だと生活面でも実はストレスがたまりやすいです。

    日本人は世界で有数の「整理整頓が大好きな国民性」ですが、他国の人はそうでもないです。

    他国の人達とルームシェアをすることになると、生活面でも地味なストレスが溜まります。

    「英語力を短期間で劇的に伸ばす」ためには、こういった地味なストレスは排除して、勉強に集中する必要が有ります。

    そのため、サウスピークでは、生徒を日本人に絞り、細かいストレスが生まれないようにして、勉強に集中できる環境を作ることを意識しています。

    他の語学学校は授業の数が多すぎる!


    ーーサウスピークは授業が最大4コマと他の語学学校と比べるとかなり少ないですよね。

    はるじぇー
    はい、実は4コマでも多いと思っていて、私がサウスピークに留学するとしたら2コマしか受けないです。


    ーー同じです!僕も途中から2コマに授業を絞っていました。

    はるじぇー
    Pレッスン(発音矯正)とSWレッスン(スピーキング&ライティング)のみ受けます。

    グループクラスは3週間に1回くらい自分の進捗を確認するため・モチベーションを高めるための手段として受講します。

    私だったら、これで十分です。

    が、実際問題、事前学習が十分という生徒は少ないので、以下のような救済措置レッスンがサウスピークには有ります。

    例えば、TOEIC L&R試験で800点未満、かつ事前学習でオンライン英会話もほとんどやってこなかったという生徒がいるとします。

    そういう生徒向けの救済措置として、Speaking Lessonというレッスンがサウスピークには有ります。

    このレッスンを通じて「自己紹介」や「雑談」の仕方を学んでもらいます。

    Speaking Lessonはオンライン英会話でも代替可能ではあるので、あえてフィリピン留学中にやらなくても良いかなと私自身は考えています。

    ただ、まあ全員が全員オンライン英会話を事前学習でやっているわけではないので、このような救済レッスンを盛り込んでいます。


    ーー確かに。
    自分は留学前にそこまでオンライン英会話ができたわけではないので、Sクラスも取っていましたが(笑)

    授業を闇雲に多くとると、復習なんてできませんよね。

    はるじぇー
    他の語学学校は基本的に、マンツーマンレッスンを6~8時間受けてればOKというスタンスなんですよ。

    ただ、マンツーマンレッスンだけ受けても英語力は伸びません。

    以下の学習手順を踏まずにマンツーマンレッスンを受け続けても、英語力はいつまで経っても伸びないです。

    【はるじぇーさんが語る、マンツーマンレッスンを有効活用するための学習手順】

    手順1.マンツーマンレッスンの前に、予習学習をして新しい英語表現を学んでおく。

    手順2.マンツーマンレッスン中に新しく学んだ表現を実践する。誤った・不適切な使用方法をフィリピン人講師に訂正してもらう。

    手順3.マンツーマンレッスンで学んだ内容を復習する。自分自身で使いこなせるようになるまで、反復学習する

    英語学習には魔法はないです。基本的にすべて上記の手順を踏む必要が有ります。

    マンツーマンレッスンを惰性で受けているだけでは英語力は伸びません。

    ただ、フィリピン留学業界では、意地でもマンツーマンレッスンをたくさん受けさせたいのか、惰性でマンツーマンレッスンを受けていても英語力が伸びる”~メソッド”を導入している語学学校が有ります。

    カランメソッドが代表格ですが、”~メソッド”は全て「手順1の予習学習」をしない生徒向けのメソッドになります。

    自分で予習復習が出来る生徒にとっては、”~メソッド”は全く不要なものです。

    実際、上級者になればなるほど、カランメソッドは「かったるく」なって、1回のレッスンで打ち切る人も多いです。

    カランメソッドを有効に使える層としては「TOEICL&R試験で500点未満の初級生徒」「自分で予習学習を全くしない」この2つの条件に当てはまる生徒になります。

    だいぶん限られた場面で効果を発揮します。

    いずれにしろ、英語力が中上級に達したいのであれば、自学自習は欠かせないものになります。


    ーーカランメゾットは確かサウスピークに来る前、オンライン英会話で一度受けたことがあります。

    授業の中でひたすら同じことを繰り返すので、確かに「予習復習が面倒臭い初心者」にはいいなと思いました。

    まあ、でも自習で補える部分は自分でやった方が効率はいい(笑)

    その点、サウスピークは「自習でできるものは自分で」でというカリキュラム。

    昔から、「先生より教科書から学べることの方が多い」と思っていたので、僕は非常にやりやすかったです。

    はるじぇー
    フィリピン留学業界では「英語力を最終的にどれだけ伸ばしたのか」ではなく、「マンツーマンレッスンのコマ数を増やして集客したい」「レッスンの数を増やして、授業料を高めに設定したい」という思惑が有ります。


    留学生の中にも同じように考えている人がいます。

    そういった要望に応えるために、「授業料÷マンツーマンレッスンのコマ数」という計算式を使って、「この語学学校は1コマ当たりの授業料が安い。だからコストパフォーマンスが良い!」という宣伝をしている留学エージェントさえあります。

    ただ、肝心のレッスン内容を比較していないので、この計算式からは英語力が伸びるかどうかは全く判断出来ません。

    このように、とにかくマンツーマンレッスンのコマ数にこだわる人たちが多いフィリピン留学業界ですので、「マンツーマンレッスンのコマ数が最大3コマしかないのに、英語力を劇的に伸ばす結果を出し続けるサウスピーク」は目の上のたんこぶとして嫌われています。

    マンツーマンレッスンをたくさん受けても英語力が伸びなかったら意味が無いと、私個人は考えています。

    ある程度以上の基礎力がある方でしたら(目安として TOEICL&R試験で800点以上)、フィリピン留学の6~8時間の長時間マンツーマンレッスンで、雑談しまくるといった利用方法は有りだと思います。

    ただ、基本的にこの学習方法では、2週間で英会話能力の伸びは打ち止めになります。

    なぜかというと、長時間のマンツーマンレッスンだと予習・復習の時間を十分に確保できないので、「同じ話ばかりしている」「内容が薄い話しかできない」ということになるためです。

    本稿のまとめ
    • 特に英語の文法を学ぶ時は、日本語の参考書を使った方が効率が良い
    • 他の語学学校は、海賊版教材を使っている学校がほとんど
    • マンツーマンレッスンを惰性で行っても英語力は伸びない

    コメントを残す

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.