フィリピン留学は、事前学習がキモであるって話

フィリピン留学行かれる予定の皆さん。
事前学習しっかりされていますか?

中々日本だと頑張れないという方もいらっしゃると思いますが、事前学習こそ留学を成功させる秘訣だといえます。

僕がフィリピン留学を成功させることができたのは、通っていた語学学校サウスピークの「事前学習制度」というものがあったからでしょう。(周りよりできていませんでしたが)

そのおかげで、TOEICも410点→825点まで伸び大きく成果を実感させることができました。

 


本稿はそんな僕が、

  • 事前学習がなぜ重要か
  • どんなことを勉強するべきか

の2つをを語っていきます。

事前学習がなぜ重要か

「フィリピンに行ってから、勉強すればいいや」そんな風に思っていませんか。
そんな甘い考えですと、せっかく投資したお金が無駄になるかもしれませんよ。

目安としてTOEIC(LR)のスコアが800点を超えている方は必要がないかもしれませんが、そんな方はごく一部だと思います。
800点を超えていないということは、「会話する上で基礎力がない」ということです。

基礎ができていないと、現地でインプットすることになる

では、基礎ができあがっていないとどんな状況になってしまうでしょうか。
単語ベースで、身振り手振りでのなんちゃって英会話はできるかもしれませんが、「文章で話す」ということが到底できません。
また少し文章で話せたとしても、英文法がめちゃくちゃです。

結局、語学学校などに「インプットが足りていない」と言われて、自習でひたすらフレーズを覚えるなど「会話以外の勉強に追われてしまいます。

僕も全く事前学習していなかった訳ではありませんが、周りより遅れていたため最初はどうしてもインプット過多になってしまいました。

現地ではより会話を伸ばしたい!という方は、TOEIC800点を取れるくらいのインプットはしておきましょう。
最低でも、瞬間英作文・中学英文法・単語の復習はやっておくべきだと思います。

現地であたふたしてしまう

フィリピン留学に行く前、皆さん「オンライン英会話をやっといてね」とどこの語学学校でも言われていると思います。
上記のインプットより優先順位は高くないですが、これもやっておかないと「まずフィリピン人との会話になれる」ことから始めることからになります。

現地でより高度な会話をするためにも、少しでもいいからコツコツとオンライン英会話をやっておきましょう。

サウスピークなら、事前学習からしっかり見てくれる

他のフィリピン留学語学学校は、説明会に行った際「基本的な文法などは自学習しといてね〜。」と言われるだけで、具体的なことは何も教えてくれませんでした。
英語学習初心者はこれでは何をやったらいいか全然わかりませんよね。

またフィリピン留学フェスタなるものにも伺ったのですが、どこの語学学校も「事前学習はどうすればいいですか?」と言っても「そこまではフォローできない」と基礎的なことやっといてと言われるだけでした。

しかし、僕が通っていたサウスピークは事前学習からしっかりカリキュラムがあるので、迷いなく勉強することができます。

みなさんが留学する際も、「事前学習の仕組み」がしっかりとあるか確認してみてくださいね。

 

 

【断言】フィリピン留学のおすすめ学校は5つだけ【やる気ある人だけ見て】

 

おすすめ英会話アプリ

「英語学習の時間がなかなか取れない」という方に、当ブログが最もオススメするのが「スタディサプリENGLISH(英語)」

 

全て隙間時間に学習することが可能。その上、質の高いインプット・アウトプットをバランス良くすることができます。

 

ただいま、かなりお得なキャンペーン中です。

  • 1週間無料体験→1ヶ月に(当ブログキャンペーンコード【TRY2016】を使用で)
  • 無料期間中も全機能使用可能!
  • 返金保証あり

 

キャンペーンはいつ終わるか不明です。

 

1ヶ月の無料期間中に解約してしまえば、お金は一切かかりません。

 

お得な今、素晴らしさをぜひとも実感してほしいので、急いでください。

 

無料1ヶ月 レッスン受け放題

無料で今すぐ申し込む

※無料期間終了後も、わずか月額980円。

ちなみに、1ヶ月無料体験のキャンペーン適用コードは、TRY2016


このコードは、申し込み時に入力する欄があるので忘れないように。

 

▼必見レポート記事▼
【圧倒的コスパ】スタディサプリEnglishの日常英語・英会話の魅力【評判あり】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください